日本橋本町3-5-1、中央区
東京103-8426、日本
+81-3-6225-1111
液体'生命の分子'
グロー放電プラズマで処
理された活性水

通常の飲料水より8倍有効です。
体の活性化と細胞の回復を促します。

生活の質を向上させる
生活の質を向上
させる
毒素や毒素から浄化する
毒素や毒素
から浄化する
活動と効率を高める
活動と効率
を高める

液体'生命の分子'

影響を受けた細胞にのみ選択的に作用し、元の健康状態に戻します!

ビデオを再生する

疾患の90%の原因 -
酸化剤またはフリーラジカル

体内の多くの酸化剤が

早期老化
慢性疾患の悪化
代謝障害
心血管疾患の出現
がんのリスク

液体'生命の分子'
最高の抗酸化物質

液体'生命の分子'細胞膜への侵入の妨げにならない性質
のため、生きている生物の細胞への物質と酸素の輸送に最適です。


液体'生命の分子' 効果的に細胞に浸透し、
フリーラジカルを破壊することができる

液体'生命の分子'私たちの身体のすべての細胞に有用な物質を送達し、
その機能と代謝プロセスを正常化させます
液体'生命の分子' レセプションで浄化処理が即座に開始され、
その機能が正常化され、プロセスが交換されます

液体'生命の分子'

山の中に位置する水で作られています。
富士山国立公園(富士吉田市、山梨県)。

その後、近くの Daiichi Sankyo 製作所で特許取得された PAW技術(Plasma Activated Water:プラズマ活性化水)によるプラズマグロー放電により、
深度処理が行われます。
処理の結果、酸素および水素基を含むフリーラジカルは水から完全に除去される。厳重な衛生管理の下で。

得られた液体のクラスターのナノ構造を有するフリー
ラジカルからの水の処理および完全な洗浄


  • 液体'生命の分子'罹患細胞の核に容易に浸透することを可能にするナノクラスター組織を有する。

  • 液体'生命の分子'罹患細胞の核が核に入ると、
    細胞の変形部分が破壊され、影響を受けた細胞が死滅する。

  • 液体'生命の分子'すでに適用の初期段階で、
    罹患した細胞はほとんど直ちに分裂能力を失い、その後死亡する。





液体'生命の分子'身体の防衛システムを起動し、回復プロセスを開始する

プラズマの水の事実

2004
グループ企業協会設立
waterPlasma Team Group
アプリケーションの有効性を研究するために、多くの科学的研究が実施されている Plasma Water
2007
日本の科学者が
証明した消費から Plasma water
セラピーPlasma waterは日本のクリニックで使用されています(記事)
2009
第一三共研究所の科学者たち酸素と水素を含む水からフリーラジカルが完全に除去されたPAW技術を開発した
PAW技術の使用に基づいて 液体'生命の分子' が生成される。 液体'生命の分子' 今日、日本の4番目の家族はすべて消費する
2016

日本には、ノルウェー、スウェーデン、英国、オランダ、アメリカ、中国、スイスなどの国々が続いており、今日住民は日常生活の中で
液体'生命の分子' を使用しています


今、長寿、活動、そして美しさは、よりアクセスしやすくなりました 液体'生命の分子'

流体製造技術
液体'生命の分子'

厳密な衛生管理下で、きれいで、効率的で、環境にやさしい技術です。
  • 抽出された水は、グロー放電プラズマ
  • PAW技術(プラズマ活性化水)の使用の結果、
    酸素および水素基を含む水からのフリーラジカルは、水から完全に除去される。 したがって、水を超活性にする。
  • このプロセスの基礎はグロー放電であり、残留ガスの雰囲気中で点火され、10-2 - 10-4 hPA放電、および2000-3500 ボルトの範囲の電位差がある。
  • プラズマの現象は、液体中のフリーラジカルを完全に除去した液体中でのナノクラスター構成の変化の影響により、比較的低いエネルギーで正確な共鳴を達成することが可能であるという事実にある。

液体の組成
液体'生命の分子':

鉱物組成(100mlあたり):

エネルギー
タンパク質
脂肪
炭水化物
ナトリウム
0 kcal
0 g
0 g
0 g
0.5 mg
カルシウム
マグネシウム
カリウム
ph
剛性
0.6 mg
0.3 mg
0.1 mg
8.1
26 mg/L


証明書 液体'生命の分子'

日本特許庁
日本特許庁
システム制御 日本の特許庁は、日本の 産業技術分野における進歩を願う 21世紀に住んでいます。
東京食品技術研究所
東京食品技術研究所
水道に関する法律に基づいて水質管理を実施 (9,12種類の消毒製品、23,37,51品目など) 保健大臣の登録(登録検査機関)を発行し、 給水法第20条の検査機関としての労働福祉 私たちは、特殊な水域や特殊な水域などの水質試験を実施しています。
日本食品研究所
日本食品研究所
これは、テストサービスの世界最大かつ最も多様なプロバイダの1つです。 JFRL食品安全証明書 - 食品およびその成分の提供 消費のための安全性と放射性核種の国際的要件への準拠。
IFS (International Featured Standards - Food)
IFS (International Featured Standards - Food)
は品質保証システムであり、 食品の品質と生産の合法性。 最初の標準はプライベートブランドを対象としています。
IFS (International Featured Standards - Food)
IQNetはパートナー認証機関の国際ネットワークです。
1990年の創業以来、IQNetは世界有数の認証機関としての地位を維持してきました。 数多くのパートナーが世界中の何百ものオフィスや支店をカバーしています。
環境マネジメントシステムの認証。 ISO 14001は、
環境マネジメントシステムの認証。 ISO 14001は、
会社内の環境管理。第一段階では、環境 問題と環境リスク。続いて、環境政策プログラムが定義され、 環境プログラムを実施しています。
食品安全マネジメントシステムの認証。
食品安全マネジメントシステムの認証。
 ISO 22000は、食品安全管理システムの要件を定義しています。  食品安全システムは、食物連鎖のすべての段階にあるべきである 最終消費まで
エネルギー管理システムの認証。 ISO 50001は監視の基礎です
エネルギー管理システムの認証。 ISO 50001は監視の基礎です
エネルギー供給とエネルギー消費を削減します。管理の改善 エネルギー消費と環境性能はこの基準の中心にあります。
AIB (American Institute of Baking)
AIB (American Institute of Baking)
は食品安全システム  食品サプライチェーン全体でこの基準はすべての食品分野に適用されます 世界の産業。
水質協会(WQA)は非営利の国際貿易です
水質協会(WQA)は非営利の国際貿易です
住宅、商業および工業用水処理産業を代表する団体である。 WQAは、リソースと情報の源であり、業界の声、専門家のための教師、 製品試験のための実験室、そして一般のためのコミュニケータです。

生命の分子を飲む30の理由

美しさ
生活の質
エネルギー
  • エージングプロセスの減速
  • 体の水分量が通常の水に比べて6倍に増加
  • しわを減らす
  • 炎症、色素沈着斑、皮膚のアレルギー反応の軽減
  • 毒素や毒素からの体の柔らかく安全なクレンジング
  • 顔と体の輪郭の目立った補正
  • セルライトの徴候を減らす
  • 超過重量の削減
  • 体脂肪の減少
  • 皮膚、髪および爪の状態の改善
  • 化粧品の効果を高める
  • エージングプロセスの減速
  • 臓器、組織およびDNAの酸化的損傷からの保護
  • 増加した活力
  • 薬物とビタミンの有効性を高める
  • 身体の防衛システムの活性化
  • 人生の質の向上
  • ストレス抵抗の増加
  • 気象依存の軽減
  • 体の若返りのプロセスの活性化
  • 身体のエネルギーバランスの回復
  • 疲労の欠如
  • 筋肉乳酸の蓄積防止
  • 臓器、組織、DNAへの損傷のリスクを軽減する
  • 負荷を安全に増加させる能力
  • 炎症プロセスの減弱
  • トレーニングの効果を高める
  • 運動後の活動の迅速な回復
  • 筋緊張の改善
  • 健康で安全な減量

使用計画
液体’生命の分子’:

1つのコーススキーム


午前中に一回100mlの液体 '分子生物学'を使用することをお勧めします。空腹時、朝食前30〜40分、または2時間後、30日間。

1つのコースは30日間設計され、3つの部分で構成されています。
- 準備、白い蓋、1~10日
- メイン、ブルーキャップ、11〜20日
- 21日から30日までの最終的な赤い蓋。


2つのコースの初めにコース間で10日間休憩することをお勧めします。
2番目のコースは6本のボトルと赤いキャップで構成されています。レセプションのスキームは同じです - 一日一回100 mlの朝に。空腹時、朝食前30〜40分、または2時間後、30日間。


その後、60日後に1コースを繰り返します。


液体の '分子生物学'の経口使用に注意を払い、他の薬理物質の共同使用を排除しないでください。しかし、体液摂取と「分子生物学」との間の時間は、少なくとも60分でなければなりません。


活発な身体的または精神的負荷がある場合、液体の「分子生物学」の使用は、上記の推奨事項を考慮に入れて、朝と昼食の2つの50ml単位に分けてください。.



以上を飲まないでください100 mlある日

液体'生命の分子' の製造業者 - 会社第一三共カンパニー
(Daiichi Sankyo Company)

第一三共株式会社は、 日本のグローバル製薬会社です。
2013年には1兆1482億円の収入を達成しました。
同社は、ドイツのバイオテクノロジー企業U3ファーマである米国のバイオテクノロジー企業Plexxikonを所有し、最近インドでRanbaxy Laboratoriesを販売しました。
第一三共株式会社米国でアンジオテンシンII受容体アンタゴニストおよびトップセールス薬であるBenicar(Olmesartan)の製造元です。
オルメサルタンの2013年の世界売上高は3,012億円です。
第一三共株式会社(DSI)は米国で稼働を開始した2006年には米国です。第一三共グループの子会社である第一三共株式会社の子会社であります。
米国を含む組織(Daiichi Sankyo Pharma Development)はニュージャージー州パーシッパニーに本社を置いています。


第一三共株式会社は、 欧州医薬品メーカー連盟(EFPIA)、国際製薬連盟(IFPMA)の全メンバーです。